2017年最も注目されたラッパー【唾奇】のおすすめ曲を10つ紹介

沖縄のラッパー〔唾奇ーつばきー〕

f:id:minimarisuto333:20180923101248j:plain

唾奇(つばき)とは、沖縄県那覇市出身のラッパーである。

クリエイター集団であるPitch Odd Manshionにも在籍しており、2017年に最も注目されたラッパーの一人といって間違いない。

独特なリズムと落ち着いた声質、唾奇ならではのリアルなリリック。

それらをがちがちに作りこみすぎていない余裕のある感じが、唾奇と魅力だと思う。

独特で自然体なスタンス

リリックの中で自らをクズやカスと揶揄することも多いが、唾奇からは悲壮感やHIPHOPによくある重たさを全く感じない。

それは、過小にも過大にも自己を捉えない唾奇の自然体なスタンスによるものだろう。

唾奇とSweet Williamの共作アルバム「jasmine」

ビートメイカーであるSweet William(スウィートウィリアム)との共作アルバム「jasmine(ジャスミン)」は、HIPHOPシーンを大いに賑わせた。

Sweet Williamの綺麗で繊細なビートに唾奇の声とリリックが非常にマッチしていて、この2人だからこそ作れる独自性の高いアルバムだった。

また、houtoとの.feat作品「Cheep sunday(チープサンデー)」もヒット。

YouTubeでの再生回数は100万回を突破した。おそらく唾奇の楽曲の中で最も再生されている。

唾奇が最も注目された証明のひとつとして、YouTubeの再生回数があるかもしれない。

ひとつの楽曲が100万回再生ではなく、上げられている多くの楽曲が50万回以上再生されているのだ。

一発ではなくコンスタントに評価されている証明である。

戦極をきっかけに唾奇にハマった

私が唾奇を聴くようになったきっかけは、戦極17章でのLIVEだ。

バトルがすべて消化され、GILの優勝で会場が湧いていた中、唾奇のLIVEが始まった。

進行役が「今日は唾奇を身に来たやつも多いだろ!!」と会場を煽ると、会場も呼応して異常なまでの盛り上がりを見せいていた。

私は唾奇の名前しか知らなかったので、「えっ、そんな有名な人なの…?」と驚いてしまったことをよく覚えている。

LIVE中は、曲を知らないのでそこまで盛り上がれなかったが、気になってその日から唾奇を聴くようになった。そこでどっぷりとハマってしまった。「Cheep sunday」は何回聴いたか分からない。

唾奇(つばき)のおすすめ曲を10つ紹介

f:id:minimarisuto333:20180828215250j:plain

唾奇(つばき)のおすすめ曲を10つ紹介

唾奇を好きになってからは非常に日が浅いのだけど、とても良いなと思った曲がいくつもあった。

その中から、10曲に厳選して紹介しようと思う。

普段は、一曲ごとに感想を述べておすすめしているが、今回は記述しないことにする。

唾奇の楽曲は、どの楽曲も唾奇っぽさが一貫されていて、一曲でもハマるものがあれば唾奇の楽曲すべてにハマる可能性が高いからだ。

もちろん、曲ごとに良さは違うし魅力的なポイントは人それぞれだと思う。

それは、聴いてみてぜひ感じて欲しい。

Soda Water / 唾奇

Soda Water

Soda Water

  • 唾奇
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

夜が似合う曲。

街から街 / 唾奇×Sweet William

街から街

街から街

  • 唾奇 x Sweet William
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

ライブで良く聴く曲。たぶん、唾奇自身も好きなんだと思う。

Made my day / 唾奇×Sweet William

Made my day

Made my day

  • 唾奇 x Sweet William
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

ファンからの人気が高い一曲。

道 -Tao- / 唾奇×Sweet William

道 -Tao- (Soulera Remix)

道 -Tao- (Soulera Remix)

  • 唾奇 x Sweet William
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

疲れた時、この曲を聴いてる。なんとなくまた歩き出せる。

Good Enough feat.kiki vivi lily / 唾奇×Sweet William

Good Enough (feat. kiki vivi lily)

Good Enough (feat. kiki vivi lily)

  • 唾奇 x Sweet William
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

繊細なビート。心地良くなるような声。

Alright feat.SlimBoy 唾奇 / Leap

Alright (feat. Slim Boy & 唾奇)

Alright (feat. Slim Boy & 唾奇)

  • Leap
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

タイトなラップ。

一陽来復 feat.CHOUJI 唾奇 / CHICO CARILTO(チコカリート)

一陽来復 feat. CHOUJI, 唾奇

一陽来復 feat. CHOUJI, 唾奇

  • CHICO CARLITO
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

フリースタイルダンジョンでも有名なCHICO CARILTOとの一曲。

Feel feat.IO 唾奇 & Yo-sea / DJ CHARI & DJ TATSUKI

Feel (feat. IO, 唾奇 & Yo-Sea)

Feel (feat. IO, 唾奇 & Yo-Sea)

  • DJ CHARI & DJ TATSUKI
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

一番好きな曲かもしれない。MVもめちゃくちゃイケてるのでそっちも要チェック。

all green feat.唾奇 / DJ RYOW

all green feat. 唾奇

all green feat. 唾奇

  • DJ RYOW
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

DJ RYOWのアルバムに客演として参加。MVがめっちゃ好き。

Cheep sunday feat.唾奇 / hokuto(ホクト)

Cheep Sunday (feat. 唾奇)

Cheep Sunday (feat. 唾奇)

  • hokuto
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

YouTubeでの再生回数が100万回を突破した。唾奇の代表曲といっても間違いではない。

唾奇のおすすめ曲【まとめ】

f:id:minimarisuto333:20180923101311j:plain

唾奇はfeat曲が多い。これだけ客演に呼ばれるというのも、唾奇の人気を裏付けているのではないだろうか。

インタビュー記事を見る限りでは、遊びを重点に置いていてもっと軽いノリで曲を聴いてほしいような印象を受けた。

今後も精力的にアーティスト活動をしていくとも言っていたので、今後の動向もチェックしていきたい。

また、唾奇は沖縄の〔604〕というクルー?にも所属しているみたいだ。写真はそのメンバーMUKUROとグリッツモーテルというユニットのメンバーHangでLIVEをしているシーン。

▼Jasmineはまじで必聴のアルバム

Jasmine [ 唾奇×Sweet William ]

価格:2,235円
(2018/10/1 21:09時点)
感想(0件)