【ラッパーではない人々へ】ビートに乗って韻を踏むのはめちゃめちゃ難しい(動画になるのはやばい試合だけ)

f:id:minimarisuto333:20180604153533j:plain

 

このブログは、最近日本語ラップを聴き始めた人に向けて書いているので、【ラッパーではない人々へ】という記事タイトルそのものがブログコンセプトを崩壊させているが、どうしても記事に起こしたい。ビートに乗りながら韻を踏むのはめちゃめちゃ難しいということをどうしても伝えたかった。

ビートに乗って韻を踏むのはめちゃめちゃ難しい

私は、サイファー経験もなくバトル経験も一度しかないのだけど、独りでフリースタイルはよくやっている。

 

洗濯物をたたみながらだったり、お風呂に浸かりながらだったりと、色んなシチュエーションでラップをしている。

 

また、弱小ながら音源も制作しているので、有用な韻を常に模索している。こんな具合で、日頃ビートを垂れ流しにしてフリースタイルをかましつつ有用な韻を探しているわけだけど、まあ難しいのだ。ビートに乗りながら韻を踏むのは、めちゃめちゃ難しい。

 

もちろん、私があまりにも下手というのもあるけれど、どんなベテランのMCでも韻を踏むのは容易くないはずだ。ただ韻を踏むだけなら、ダジャレと大して変わらないが、ラップにはビートがある。ビート上に小節があり、そのなかで音に乗りつつ韻を踏むのだ。

 

求められるのは、瞬発力。一瞬のうちに閃くセンスが必要である。だから、どんなベテランMCでも閃くことが出来なければ韻は踏めないのだ。それは、バトルのイベントに行くとわかる。

動画になるのはやばい試合だけ

YouTubeやTwitterの動画に上がっている動画では、MCたちがバチバチに韻を踏んでいるので「やっぱりラッパーって韻を踏むの上手いなー!!」と思うだろう。しかし、動画に上がっているのはかなりレベルの高いものだけだ。

 

しょぼいところをわざわざ動画としてあげるはずがないので、当たり前のことだけど、動画ではレベルの高いものしか見れない。

 

動画になっていないバトルでは、韻をほぼ踏んでいなかったり踏もうとしてビートからずれてしまったりしているものが沢山あるだろう。ベテランのMCでも、容易く韻を踏んでいるわけではないのだ。

 

韻はあくまでもスキルであり、手段の一つ

その代わり、バイブスが超熱かったりする。韻に振り回されながらでは、言いたいことや伝えたいことは表現しきれないので、MCたちがマジの主張をするときは韻は無視されてバイブスが熱くなっていく。MCバトルの凄いところはここだと思う。

 

もちろん、韻やビートアプローチなどのスキル面もめちゃめちゃ大切なんだけど、MCバトルの本質はセルフボースティングのぶつけ合いだ。

 

韻やビートアプローチは、あくまでも表現方法の手段のひとつであり、本質というわけではない。それだけが見たいならサイファー見学で十分だ。

 

MCバトルは本質的には戦争と一緒

セルフボースティングをぶつけ合える場所なんて、あまり多くないと思う。特に、MCバトルみたいに自分の正しさを証明するための場所は本当に少ない。

 

己の正義をぶつけ合うという意味では、戦争と大して変わらない。似たような場所で学校の部活動があるけど、部活動はスキルのぶつけ合いだからちょっと違う。

 

フリースタイルダンジョンモンスター【FORK】の凄さ

脱線してしまったけれど、それだけ韻を踏むのは難しいということを言いたかった。言葉を知らなきゃ踏むも糞もないので、語彙力もかなり求められる。

 

だから、フリースタイルダンジョンのモンスターであるFORKは相当凄いMCだ。即興であれだけコンスタントに韻を踏めるのは、芸術と評されても過言ではない。

 

しかも、フリースタイルダンジョンは全て動画になってしまう。どんなベテランのMCでも泥仕合はあるが、YouTubeに上がるのはベストバウトのみなので、一般には知られないのだ。

 

しかし、フリースタイルダンジョンは泥仕合も放送事故レベルでなければ放送される。隠すことはできない。そんな苛烈な環境で、常にやばい仕合を残し続けるモンスターたちは、その名の通り「モンスター」なのである。

 

まとめ

ビートに乗って韻を踏むのはめちゃめちゃ難しいという話から、フリースタイルダンジョンのモンスターたちの凄さについてという話に切り替わってしまったが、伝えたいことは同じだ。

韻を踏むのは本当に難しい。