chelmico(チェルミコ)の表参道Liveに行ってきた「@cosmeスペシャルライブ」


f:id:minimarisuto333:20180616194325j:image

 

表参道で行われた、chelmico(チェルミコ)の「アットコスメスペシャルライブ」に行ってきた。ライブだけでなく、2人のファッションやメイクについてのトークも。

 

生で彼女たちを観るのは初めて。2週間前に恵比寿で行われたライブに参加しようと思ったのだが、UMB千葉予選と重なってしまい行けなかった。

 

表参道アットコスメスペシャルライブ

「アットコスメスペシャルライブ」は観覧が無料だ。事前に申し込んでおけば特設ステージみたいなところで観ることが出来る。

 

私はスペシャルライブがあることを直前に知ったため事前申し込みができず、少し離れた場所から観ることになった。

 

感想「ラップうっまい!!!」

時間は30分くらいで、半分はトークだった。一応、このイベントはトーク&ライブと銘打たれている。

 

前半15分トークし、後半15分で「highlight」(ハイライト)と「Love is over」(ラヴ・イズ・オーヴァー)の2曲を披露。

 

いや、ラップめちゃくちゃ上手い!ほぼCDと同じクオリティだし、音を外したりリズムを間違えたりしない。

 

むしろCD超えてた。めちゃくちゃかっこよかった。

 

チェルミコは可愛いグループだと思ってたけどライブでは、可愛い < 格好いい な気がする。男の私から見ても格好良かった。

 

声質も、細く可愛い感じより太く格好良い感じ。ビヨンセをリスペクトしてるらしい(冗談交じりに言ってた)。

 

メイクは厚塗りが基本らしい

アットコスメのイベントなので、メイクの話があった。司会がチェルミコの2人にメイクの話題を振る。

 

基本的には、厚塗りで盛ることを重視しているらしい。メイクのことはよく分からないが、確かに濃いめな気がする。

 

映える顔しているから出来ることだろう。司会からは「薄くしなさい!」と言われていたけど。

 

ライブをするときは必ずTシャツにデニムらしい

動きやすさが最も重要らしく、ライブでは必ず白いTシャツを着てデニムを履くとのこと。今日もラフな格好だった。

 

特にレイチェルは、ゆるデニムに大きめの白いTシャツとかなりラフな格好。しかも、Tシャツの中央にはアメリカンなデザインでSUMMERと印刷されたロゴが。

 

普段の私服でも似たような感じらしいが、似合ってしまうのだから神は平等じゃない。鈴木真海子はアースカラーをよく使うらしい。

 

まとめ

今日は完全に私的な記事となった。やはり生で曲を聴くと違う。イヤホン越しにはない力がある。

 

チェルミコのライブまで時間が空いていたので、渋谷周辺のカフェでほかの記事を書こうと思ったら、どのカフェも悉くWi-Fiが繋がらず酷い目にあった。

 

カフェ難民となり死ぬほど歩いたにもかかわらず、最後までWi-Fiが繋がらなかったためどうしようもなく苛立ってしまっていた。

 

しかしチェルミコのライブを観たら、そんなイライラも消え失せ脚の疲れまでどこかへ行ってしまった。ライブの力は凄い。

 

1つ後悔というか惜しいっと思ったのが、表参道ヒルズの中でのライブであることに加えて1人で観覧していたため、黙って観るしかなかったこと。

 

本当はコールアンドレスポンスもしたかったし体も少しくらい揺らしたかったが、1人でその勇気はなかった。他の観覧者である若い子に白い目で見られてしまう。

 

今度はライブハウスで観たいと思う。

 

ちなみにチェルミコは8月8日にメジャーデビューアルバム「POWER」を発売予定なので、ファンは要チェックだ。

POWER

POWER