空廻やLAYGANなど豪華なライブ陣出演のKOOPA主催イベント【和樂備STATE vol.4】に初めていってきた

f:id:minimarisuto333:20180627150851j:image

先日、KOOPA(クッパ)が主催のイベント【和樂備STATE vol.4】に初めて行ってきた。イベントの詳細をまとめるとこんな感じ。

  • 日付:2018-06-23 22:00~5:00
  • 場所:蕨GENESIS.LOUNGE(蕨駅から徒歩2分)
  • 会場:エントランスフリー
  • 備考:オープンマイクあり
  • 開催:2か月に1度

私は川口が地元なので、蕨もほとんど地元のようなもの。自転車で20分くらいあれば行けるのでありがたかった。

 

豪華なメンツなのにエントランスフリー

このイベントには、LAYGAN(レイガン)や空廻(くうかい)、KOOPAといった有名なラッパーが出演しているにもかかわらず、エントランスフリーなのである。

無料で入場することが出来るのだ。仮に都内で、このメンツが揃ってイベントを行うとしたら、エントランス料として2000~3000円くらい払ってもおかしくはない。

 

お酒は1杯500円くらいで飲めるので、お財布にも優しい。

また、会場を貸してくれている蕨GENESIS.LOUNGE(ジェネシスラウンジ)のスタッフもフレンドリーな人ばかりなので、初めての私でも居心地がよかった。

f:id:minimarisuto333:20180627151135j:image

カメラを向けたらピースしてくれた。

 

目の前でライブを観戦

蕨GENESIS.LOUNGEはステージを設けていないので、演者と同じ目線でライブを観ることが出来る。

初めて参戦した私だが、イベント終了までがっつり楽しんできた。特に印象に残っているライブをレポートしていきたいと思う。

 

SUNDAY TOO SLOWLY(サンデー・トゥ・スローリー)

f:id:minimarisuto333:20180627150933j:image

初めて観たクルーだったんだけど、皆若いのに楽曲が格好良くて驚いた。メロウな感じですごく聴きやすい。

彼らのように、若くて才能に溢れるクルーが出てくるとシーンの盛り上がりを感じる。

 

SALPHA(サルファ)

f:id:minimarisuto333:20180627150958j:image

SALPHAさんとは、イベントが始まってすぐに少しお話させていただいた。ロックバンドからHIPHOPまで幅広く聴いているそうで、楽曲もミクスチャーされた格好良い音楽だった。

数量は少ないがCDも販売されているので、ライブに行けば手に入るかもしれない。

 

空廻

f:id:minimarisuto333:20180627151035j:image

めちゃめちゃ格好良かった。「笑ってれば」が私的にツボ。

詩的なエモさを残しつつも皆へのリスペクトを忘れないピースな姿勢がとても魅力的だった。

恥ずかしながら、このイベントで会うまで楽曲を聴いたことがなく、名前だけは知っているラッパーだった。でも、このイベントを機に2ndアルバムを視聴するようになった。

こういう出会いがあると、ライブっていいなと思う。

 

LAYGAN

f:id:minimarisuto333:20180627151054j:image

会場が一気に盛り上がった。「奢り過ぎてSorry」はもちろん盛り上がったし、「アキラメタラ」も格好良かった。

エントランスフリーで観られることは、このイベント以外ではないだろう。

 

KOOPA

f:id:minimarisuto333:20180627151115j:image

イベントのラストを飾ったのは、主催のKOOPAさんだった。すでに4:00くらいで疲労が溜まっており詳細には覚えていないのだが、とにかく格好良かった。

写真は綺麗に撮れているので、おそらく前列で頭を振っていたんだと思う。

 

オープンマイクでは皆が入り乱れてフリースタイル

【和樂備STATE vol.4】ではオープンマイクがある。2部が終わって少しの間と、ライブ終了後の少しの間だが、誰でもマイクを握ることが出来る。

観客も演者もごちゃまぜの輪になってフリースタイルをしていた。バトルブームだけど、遊び感覚でラップができるのは良いなあと思う。

むしろ、個人的にはコッチのほうが好きかもしれない。

 

ビートはMarbyのオリジナルビート

小江戸MCバトルでDJを務めるMarby(マービー)さんがビートを担当。オリジナルトラックも使ってくださったようで、MCたちも大盛り上がりだった。

 

まとめ

情報が溢れかえっている現代では、家にいながらあらゆる音楽を聴くことが出来る。音楽を聴くだけなら、ライブになんて行かなくても良いかもしれない。

しかし、ライブで聴いた後にその楽曲を聴くと、耳への入ってきやすさが全然違う。生の声にはCD音源にはない魅力があるし、MCの人となりも分かる。

 

もちろん、合う合わないがあるので結果は人それぞれだけど、私はライブを観られてよかった。

また、HIPHOPはアーティストとの距離が比較的近いので、魅力も伝わりやすいだろう(その代わり魅力的じゃないものも伝わりやすい)。

 

【和樂備STATE vol.4】を主催してくださったKOOPAさん、会場を提供してくださった蕨JENESIS.LOUNGEに大きな感謝を。

 

*一部敬称略で表記させていただいております。不快に感じられた方がいらっしゃいましたら、お手数ですがご連絡くださいませ

 

空廻さんの曲はこちらで紹介してます

www.mcotemae21rap.com