木村ミノルと塚越仁志が激突|木村ミノルが松本メイに公開プロポーズ!?

木村ミノル vs 塚越仁志|ウェルター級タイトルマッチ

木村ミノルと塚越仁志|8月5日krushウェルター級タイトルマッチ

木村ミノルと塚越仁志|8月5日krushウェルター級タイトルマッチ

2018年8月5日、krushにてウェルター級タイトルマッチが行われた。

挑戦者は怪腕〔木村ミノル〕、迎え撃つは第5代krushウェルター級王者〔塚越仁志〕である。

現王者:塚越仁志

塚越仁志は、初防衛戦では激闘の末に〔モハンドラゴン〕を退け、2度目の防衛戦では〔牧平圭太〕を迎え撃ち、2RでKOという結果を残している。

今回、木村ミノルを相手に3回目の防衛戦へ挑む。

挑戦者:木村ミノル

木村ミノルは、最近になってかなり調子を上げてきていることでも注目されている。

少し前までは不調がささやかれ、なかなか結果を残すことができずにいたものの、ここ最近は〔城戸康弘〕に判定勝ち、〔平山迅〕と〔山際和希〕の2人をKOで下すなど、っ調子をあげてきている。

また、木村ミノルはSNSなどでも人気を博しており、ファンが多いことでも有名であり、木村ミノルの晴れ姿を観たい人も多いだろう。

そういったファンのためにも、そろそろ大きなタイトルがほしいところである。

8月5日、木村ミノルと塚越仁志が激突

王者、塚越仁志か。

怪腕、木村ミノルか。

互いに熱い戦いを好むので、激闘は必至の対戦だ。

krushウェルター級タイトルマッチ 8月5日

王者:塚越仁志(3度目の防衛戦)

挑戦者:木村ミノル

塚越仁志、木村ミノルの怪腕の前に散る

序盤から積極的に仕掛ける王者、塚越仁志。

木村ミノルよりも高い177センチというフレームの大きさを利用して、ガンガン圧力をかけていく。

それに対して、木村ミノルは冷静な立ち上がり。

ガードを固め、塚越仁志の圧力をいなしていく。

塚越仁志が圧力をかけ続けるなか、1分を過ぎたあたりで試合が動いた。

木村ミノルのフックが塚越仁志にヒット。

カウンター気味で入ったため、塚越仁志がダウン。

ダメージはなかったようで、塚越仁志はすぐに立ち上がった。

木村ミノルはここが機であるとみたのか、フックを振り回す。

ガードのうえから塚越仁志を攻め立てた。

塚越仁志もチャンスを伺いながら反撃。

しかし、その反撃が裏目に出てしまったのか、木村ミノルのカウンターを再度もらってしまい、1分30秒、2回目のダウン。

今度のダウンはダメージが大きかったようで、何とか立ち上がるもふらつきが目立つ。

木村ミノルは、立ち上がった塚越仁志に対して容赦なく怪腕をふり、わずか15秒後、1分40秒ほどで3度目のダウンを奪い、KO勝利を決めた。

木村ミノル、【無冠の帝王】を卒業

1ラウンドKO勝利で、木村ミノルがkrushウェルター級タイトルマッチを制し、krush6代目ウェルター級王者は木村ミノルに決定した。

これまで、無冠の帝王と呼ばれ続けた木村ミノルが、とうとうベルトを手にした瞬間である。

試合内容も完ぺきなもので、実力と名声、ともにチャンピオンとして申し分ないことを世間に証明した。

辛かった時期を乗り越え、このような結果を残すことが出来たのはファンの皆様のおかげですとマイクパフォーマンスで語り、試合前には「ベルトに興味はない」と言っていたものの、その表情からは喜びがにじみ出ていたと思う。

 

 

木村ミノル、松本メイに公開プロポーズ!?

木村ミノル、公開プロポーズ!?

木村ミノル、公開プロポーズ!?

試合後のマイクパフォーマンスで、木村ミノルが現在交際中の松本メイに向け、公開プロポーズをした。

以下、一部抜粋でその様子を記載する。

「山崎選手が以前、公開プロポーズをしていたので、それにもリベンジしたいんですけど……。あっ、2階席にいるみたいなんで、呼んでもらっていいですか」

「ここまで一番近くで支えてくれて、誰もいないときも支えてくれて。つらい時期に付き合わせて。婚約指輪は持ってないけど、これ持ってるからいいでしょ?彼女はこのベルトの重さ、分かってくれてると思うので(klushのベルトを持ち上げて)」

あいか、俺と結婚してください

お相手の松本メイからはOKの返事が聞こえ、木村ミノルは、今晩でチャンピオンの座と最高の愛を手にした形になる。

チャンピオンとしての木村ミノルももちろんだが、2人の愛の行方からも目が離せないだろう。