K-1|芦澤竜誠が1Rに2つのダウンを奪って小澤海斗に判定勝利!

因縁の対決!芦澤竜誠vs小澤海斗

2018年9月24日月曜日(祝日)に、さいたまスーパーアリーナにて『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~初代クルーザー級王座決定トーナメント~』が開催された。クルーザー級(-90kg)の初代王者を決めるトーナメントが催され、そのほかにも数々のスーパーファイトが用意されている大会である。

今イベントでも最注目の一戦

その中でも最注目の一戦と言って間違いないのが、[芦澤竜誠vs小澤海斗]の一戦である。大会が開催される前から2人の舌戦はヒートアップしていて、負けた方がK-1にいられなくなるのではないかと危惧されるほど熾烈な争いになっていた。

もともと芦澤竜誠はヒール役としても有名であり、芦澤竜誠から小澤海斗に向ってかみついたような形、だったと思う。この辺の記憶は曖昧なので、気になる人は自分で調べてみてほしい。また、小澤海斗も以前は武尊に噛みついていたことでも知られているので、『ヒール同士の対決』という構図になった。

芦澤竜誠は前回の大会で一躍有名に

芦澤竜誠は前回の大会で惜しくも西京春馬に敗れているものの、その実力は確かなものであることを証明している。一方の小澤海斗は、元からその強さには定評があったものの、最近になって負けが込んでいて、あまり調子が出ていないような印象だ。

その大会の記事はこちら▼

www.mcotemae21rap.com

上り調子にプロップスを積んでいく芦澤竜誠と、ユンチー戦ほどの勢いが感じられずスランプにある小澤海斗。どちらが勝利するのか、格闘技界全体が注目していた。その一戦が、9月24日の夕方に行われたので、そのレポートをしていく。

1Rに芦澤竜誠がハイキックで小澤海斗から2度のダウンを奪う

始めは様子を伺いながら、芦澤竜誠をけん制する小澤海斗。小澤は、自分からがむしゃらに攻めるというよりは、空手をベースとした守備の構えから反撃する形のファイトスタイルなので、この辺りはいつも通り。

しかし、芦澤が持ち前の変則的な動きから、小澤の一瞬の隙をついた。コンビネーションが上手く滑り込み、左フックが小澤にヒット。小澤は、意表を突かれるような形でダウンを奪われてしまった。

その後、慎重になる小澤だったがそれが裏目に出てしまう。今度は、隙を突かれたというよりは警戒しすぎて意識が一点に集中してしまったのだと思う。芦澤のしなるような右ハイキックが小澤の顔面を捉え、そのままダウンとなった。

ダメージは深くないようですぐに立ち上がった小澤だが、流石に2度のダウンを奪った芦澤はこの好機を見逃さずに攻めてくる。小澤は、持ち前の守備力でなんとか1Rを持ちこたえた。

 

2R、必死に追う小澤海斗、芦澤竜誠を捉えきれない

1Rに2度のダウンを奪われてしまった小澤。2Rでなんとかして盛り返さないと、勝利の確率がかなり厳しくなってくる。積極的に前へでて芦澤を追いかけるが、しなやかかつ独特な動きをする芦澤を捉えきれない。

前回の大会でも思ったけど、芦澤はからだが柔らかいからなのか打撃がいなされてしまって通りづらいような気がする。スピードでは同階級随一の西京春馬でさえ、芦澤を捉えきることはできなかった。

小澤のソリッドな打撃はどうしてもスピードに欠けてしまうので西京春馬のスピードには負ける。つまり、小澤の打撃では芦澤を捉えきるのは困難だし、当たったとしても芦澤のしなやかな体は打撃が通りづらい。小澤にとって、かなり相性の悪い相手なのではないだろうか。

芦澤を捉えきれないまま、2Rが終了してしまった。ただ、芦澤も小澤を攻め立てることができず、特に目立った場面を設けることはできなかった。

3R、芦澤竜誠に疲弊が見えるが、小澤海斗にも疲れが

運命の3R。2度のダウンを奪い返す、もしくはKOしなければ小澤の敗北が決定してしまうという最重要ラウンド。やはり小澤は前に出た。叩き込むようにパンチを繰り出し、前蹴りから回転蹴りにつなげるなど、多彩な足技を魅せながら芦澤を攻め立てる。

しかし、芦澤も気合が入っていた。しなるミドルを軽快に繰り出し、小澤を下がらせまくる。たまに出す前蹴りは小澤の顔面を捉えることが多かった。前蹴りなどで距離を取られてしまい、近づけない小澤。

小澤の持ち味は中距離での硬い打撃である。打ち合いになれば小澤に分があるかと思うが、芦澤は打ち合いには応じない。変則的に動き回りながら要所で蹴りを飛ばしてくる。

しかし、徐々に芦澤にも疲れが見え始め、口を開けている場面がみられるようになってきた。この好機に攻めたい小澤だが、小澤にも疲れの色が。決死の覚悟で攻撃を繰り出すも、そのパンチや蹴りにはスピードがなく、芦澤には当たらなかった。両者ダウンのないまま、3Rは終了。勝負は判定に持ち越された。

結果|3R判定で小澤海斗に芦澤竜誠が勝利した

判定結果は、ジャッジ3名とも30:27で芦澤竜誠。やはり、1Rに奪ったダウンが判定に大きく響いていた。長い間に渡って繰り広げられていた『芦澤竜誠vs小澤海斗』のバトルは、芦澤竜誠の3R判定勝利という形で幕を閉じた。

芦澤竜誠のマイク

試合後のマイクパフォーマンスで芦澤竜誠は、「1ラウンドでKOしたかった。3ラウンドまで戦って、俺が判定に逃げたように見えるかもしんないけど、芦澤竜誠はこんなもんじゃないから!俺みたいなヒールが1番になってもいいじゃないかなって思ってるんで」と語った。小澤海斗について特に触れなかったあたり、ファイターとしての矜持を理解しているのではないかなと思った。

試合後の小澤海斗

判定終了後、互いになんの挨拶も交わさなかった。小澤海斗は静かにリングを降り、控室へと帰っていった。両者の心のうちはどうあれ、あれだけの舌戦をした後に仲良しこよしは確かにできない。いつもは大きく見える小澤海斗が、このときは少し小さく見えた。

K-1 伝説の名勝負 [DVD]

K-1 伝説の名勝負 [DVD]