25歳のフリーターの仕事。転職や職歴についてざっくり語る

25歳フリーターの仕事に関するぼやき

f:id:minimarisuto333:20190706161506j:plain

25歳という年齢でフリーターをしていると、世間に対して何となく引け目を感じてしまう。仕事は何をしてるの?という質問は、怖いしイラッとする。どんな目で見られるのか分からない恐怖と、何も悪いことをしていないのに何故傷付かなければならないのかという憤り、その2つを感じるからだ。

私は、さまざまな仕事を転々としてきた。今の仕事は4つ目である。婦人服のアパレル通販、ドラッグストアの医薬品販売、漢方薬のアドバイザー、そして今やっているweb編集。今の仕事以外はすべて正社員か契約社員で働いていて、web編集の仕事は正社員を目指してアルバイトで働いているという感じである。

22歳で大学を卒業しているので、単純計算で10ヶ月に1度は転職していることになる。まぁ、自分でも呆れるくらい堪え性のない人間だ。

仕事を辞めた理由はいろいろある。上司のパワハラに嫌気がさして辞めた、憧れていた仕事がやりたくて辞めた、人を騙して物を売ることに耐えられなくなって辞めた。ザッと挙げるとこんな感じだ。

新卒で入った会社を辞めるときは、死ぬほど悩んだ。「ここで辞めたら、今後まともな就職先なんて見つからないんじゃないだろうか?」と不安になったり、「同世代の皆んなが頑張っているのに、何故、自分はこんなに脆いのだろう?」と自分が嫌いになってしまったり、気持ちが不安定になってしまっていた。

ご飯が食べれないせいで顔の精力は失われていき、複数の同期から「大丈夫?顔色悪いよ」と忠告されたことをよく覚えている。

通勤の時間は特に憂鬱で、このまま会社の最寄駅を乗り過ごしてしまおうか、なんてことも頻繁に考えていた。軽い鬱のような状態だったと思う。結局、上司のパワハラが理由で辞めた。

その後は、前述した通り色んな仕事をして、今のweb編集という職業に落ち着いている。正社員を目指してアルバイトを続けてはいるものの、なれる見込みは薄いようで、「成果次第で来月には」という台詞を4ヶ月くらい聞いている。職場での評価的に最低でもあと3ヶ月は、同じ台詞を聞くことになりそうだ。

こうなると、転職も視野に入ってくる。あと少しで26歳になってしまう私としては、なんとかして26歳を迎えるまでに社員になっていたい。何の意地なのか自分でもよく分からないが、区切りを設けないと不安になってしまうのだ。

25歳が終わるまであと3ヶ月ほどしかないのだけど、さっきも言ったようにその期間内に今の職場でなれるのかどうかは微妙である。ならば転職活動をしたほうがよいのではないか? そう考えて転職を視野に入れているわけだ。

しかし、25歳のフリーター、しかも転職歴満載となると、転職することはそう容易い話ではない。まだ選考に入っていないので分からないが、エントリーの段階で多くの会社から弾かれてしまうだろう。

そういった現状に、怒りや不満は感じない。優秀な人を雇いたいのは企業として当然だし、優秀か否かのラインを職歴で判断するのも、判断材料の選定としては当たり前のことだ。会社を選び過ぎなければ、転職できるところもゼロではないと思う。ただ難しいという現実があるだけだ。

私は仕事をする上で、心に留めていることがある。それは、理不尽は許さないことだ。聞こえのよい言葉で自分を大きく見せる人、その場の思いつきで現場を乱す人、やるといったことをやらない人、私はそういった人たちと仕事をする際、こちらに理不尽が降りかかってこないよう徹底的に詰める。

それは本当ですか?と何度も質問し、彼らの本心や利己心を暴く。何故そんな辻斬りみたいな真似をしているのかというと、それらを見過ごすと現場やその業務の当事者はパニックになってしまうからだ。

仕事がつまらなくなるし、やらされてる感が強くなる。当たり前のようにパフォーマンスも伸びない。だから、理不尽が降りかかる可能性を感じたら頑張って食らいつく。

そんな私のことを、後ろ向きな人間と表現する人も多い。でもそれは違う。ちゃんと前を向きたいから、懸念材料を取り除いておきたいだけなんだ。

納得のできない状態で仕事をしても、そこそこのパフォーマンスしか発揮できない。大きな成果を生み出すために、理不尽による業務パニックを防ぎたいんだ。

もちろん、質問をしているうちに納得する理由や背景が聞けて、腑に落ちることもある。それはそれで、業務パニックを引き起こさないので問題ない。むしろ、納得している分パフォーマンスは上がり、大きな成果を生み出せる。

25歳のフリーターが何を偉そうに、と思う人も多いだろう。その通りだ。職場できっと私はそう思われているのだろう。アルバイトなのに、社員じゃないのに、みたいなことを思われていても仕方ない。

理不尽を許せないこの性格は、仕事を辞めたことに大きな影響を与えている。一方通行な上からの指示に納得できない、聞こえのよい言葉で説得してくる上司が信頼できない、自分を大きく見せることに拘る先輩が許せない、自分でも生き辛い性分だと強く思う。

私が25歳になってもフリーターである理由の大きな原因は、この性格なのかもしれない。

どんな環境にいたって多少の理不尽は存在するし、皆んなそれをスルーしたり耐えたりしながら上手に割り切っているものだ。私はそれができない。理不尽なことを感じると、すぐに辞めたくなってしまう、どうしようもない人間だ。