『チルアウト』におすすめな日本語ラップを20曲まとめ

チルい日本語ラップを20曲にまとめた

日本語のラップ曲と聞いてイメージするのは、ZeebraやANARCHYのような力強いサウンドの曲が多いかもしれない。確かに、日本語ラップ曲の大多数は、これらの曲のように重低音の強い胸の奥まで響かせるような曲だが、最近、流行しているのは『チル(Chill)』な曲だ。

チル(Chill)とは、分かりやすく言えば、リラックスし肩の力を抜いたような状態。チルな日本語ラップの曲とは、ゆったり穏やかな気持ちで聴ける曲のことを指す(色んな解釈はあるけど、私はそう思っている)。

この記事では、『チルな日本語ラップを20曲』にまとめて紹介しようと思う。まあ、個人的にチルできる曲たちなので、賛否両論はあると思うけど、肩の力を抜いて読んでみてほしい。

YouTubeのリンクを貼り付けています

YouTubeのリンクを貼り付けているので、気になったら飛んでみるといい。楽曲によっては公式PVがないので、その場合は悪しからず。サイトが重くならないよう、クリックするまで一切開かないようにしている。

チルにおすすめな日本語ラップ曲20選

1.RYUZO - HATE MY LIFE

RYUZOの代表曲だ。金曜の仕事終わりに聴くと気持ちよくなれる。週末を楽しみたい人間におすすめ。

2.ZORN / Walk This Way feat.AKLO

皆が大好きなZORNの曲。AKLOとのfeatで、おそらく2018年で一番好きな曲。乾いた空気の流れる秋の午後とかに聴きたい。

3.RAU DEF / FEEL ME IN

この曲は、チルとはまた違った気持ちになれるんだけど、RAU DEFが格好良すぎて浸れるので挙げた。トラックもめちゃくちゃイケてるので、要チェック。

4.Feel (feat. IO, 唾奇 & Yo-Sea) / DJ CHARI & DJ TATSUKI

2017年、日本語ラップシーンを大きくにぎわせた唾奇やIOがfeatしている曲。ちょっと悲しげな気持ちになるんけど、落ち着く。

5.PUNPEE / タイムマシーンにのって

PUNPEEの曲って、だいたいチルな感じになるんだけど、「タイムマシーンにのって」はその中でもダントツ。ポップな気分にもなれる。

6.JABBA DA FOOTBALL CLUB / STAY GOLD,LIFE GOES ON

リップスライムを彷彿とさせる楽曲。自転車に乗りながら聴くとめっちゃ気持ちいい。あんまり有名じゃないグループだけど、テイストは個人的に好きな感じだ。

7.OZROSAURUS / My Dear Son

ハマの怪獣、MACCHOがフロントマンを務めるヒップホップバンド、OZROSAURUSの曲。息子への愛を唄った曲で、普通に染みる。

8.RAU DEF - FREEZE!!! feat.Sugbabe

またもやRAU DEFが登場。この曲にはPUNPEEも出ていて、平日の昼下がりとかに聴きたい感じ。爽やかなテイストで、誰でも聴きやすいと思う。

9.BAD HOP / 3LDK feat. Yellow Pato, Bark & G-k.i.d

3LDK feat. Yellow Pato, Bark & G-k.i.d

3LDK feat. Yellow Pato, Bark & G-k.i.d

  • BAD HOP
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

この曲はYouTubeがないのでPVが貼れない。。。BADHOPの楽曲の中でもトップクラスに好きな曲で、最高にチル。ソファとかに寝そべって仲間たちと聴きたい。

10.NORIKIYO / ロンリーロンリーロンリー feat.SAY

結構、シリアスにチルできる曲。NORIKIYOの曲は核心を突くような力強いものが多くて、ゆったり聴けるものは少ないかもしれない。でも、とてもいい曲。

 

11.STUTS / 夜を使いはたして feat. PUNPEE

King Of Chillともいえるこの楽曲。夜、車で流しながらドライブとかしたらチルすぎてやばいと思う。まあ、私は免許ないんだけど。自転車で聴きます。

12.C.O.S.A. × KID FRESINO "LOVE Prod by jjj"

天才KIDFRESINOと、名古屋の粋なラッパーC.O.S.A.の楽曲。愛に溢れた一曲で、聴いていると幸せな気分になる。PVのFRESINOがイケすぎているので、それもチェックだ。

13.変態紳士クラブ / 好きにやる

最近、爆発的に人気を集め始めた変態紳士クラブの曲。変態紳士クラブの曲はどれも『まったり×ちょい毒』みたいなニュアンスで、「好きにやる」もそんな感じ。

14.SALU / In My Life

説明不要の超有名曲。SALUもチル向けのラッパーだ。散歩しながら聴くとめちゃめちゃいい。また、歌詞も格好良いので、リリックに注目しながら聴くのがおすすめ。

15.SUSHIBOYS / 旅に出よう

今、最も注目されているクルー、SUSHIBOYS。「旅に出よう」は文字通り旅をテーマにした曲で、爽やかな感じだ。まさに、肩の力を抜いて聴ける曲。

16.Rude-α / CoCo ga Okinawa feat.R'kuma

これは、本当にチルできる曲だと思う。Rude-αは高校生ラップ選手権で有名になったラッパーで、最近は精力的に活動している。この曲は結構バズったみたいで、YouTubeの再生回数が300万近い(これはだいぶすごいこと)。

17.Ryohu / All in One

センスしか感じない一曲。Ryohuの作る曲はとにかくおしゃれで、余裕を感じる。Ryohuを聴いてると言われたら、「えっ、こいつセンスあんな」と思う。

18.LostFace / でも、やっぱ feat. ZORN & ZEUS

日本語の良さが分かる曲。チルするには重すぎるかもしれないけど、こういう深みのある曲でチルしたいときもある。

19.Blue / 鈴木真海子

chelumicoの鈴木真海子が出しているソロ曲。おしゃれでセンスのある楽曲だから、若い人におすすめ。すこし肌寒い夏の日に合いそう。

20.Libro / 対話

最後に何を紹介しようか迷ったんだけど、LIBROの「対話」にした。繊細な日本語に癒される曲で、きれいな気持ちでチルできる。「雨降りの月曜」よりはチル向けだと思う。

疲れたら日本語ラップでチルしよう

いかがだっただろうか。チル向けな日本語ラップ曲を20個にまとめて紹介した。なるべく幅広い年代から選ぼうと思ったから、曲を選ぶのに結構迷った。結局、最近の曲が多くなってしまう。昔の日本語ラップ曲はまだまだ勉強不足だから仕方ないけど。今回紹介した20曲で、ぜひチルな時間を。
▼2018年上半期のおすすめ日本語ラップ曲はこちら
▼日本語ラップの名曲はこちら
▼私の好きなラッパーはこちら