RIZIN14.堀口恭司vsダリオンコールドウェル!結果レポート

堀口恭司とダリオンコールドウェルがRIZIN14で対戦

f:id:minimarisuto333:20181231214959j:plain

2018年12月31日大晦日、RIZIN14が開催された。この大会において最注目されているのは、フロイドメイウェザーvs那須川天心だろうが、このマッチはあくまでもエキシビションマッチ。RIZIN14において、最もガチでやばい試合はほかにある。

それが、堀口恭司vsダリオンコールドウェルだ。堀口恭司といえば、3か月前の那須川天心との対戦が記憶にある人も多いだろう。UFCで活躍し、”最強のメイドインジャパン”と呼ばれていた。MMAのバンタム級では間違いなく日本最強の選手であり、肉体的にも年齢的にも今が最盛期だ。

世界的にも注目されるレベルのMMAファイターは、堀口恭司以外にはいない。

▼堀口恭司vs那須川天心の試合レポはこちら

那須川天心と堀口恭司が激突!天心が判定勝利!【試合結果レポ】 - MC烏龍茶の随筆

ダリオンコールドウェルはベラトールの現王者

そんな堀口恭司の対戦相手に抜擢されたのは、なんとベラトール(Bellator)のバンタム級現王者”ダリオンコールドウェル”。ベラトールとは、MMA格闘界においてUFCと双璧を成す世界最高峰の格闘技団体である。まさか、RIZINのリングにベラトールの王者が上がるとは思わなかったので、知ったときはびっくりした。

正直にいえば、ベラトールはRIZINよりもはるかに熟成された団体であり、選手のレベルも団体の規模も桁が違う。そこのチャンピオンを引っ張ってこれるRIZINの凄さや本気度を改めて実感した。

ダリオンコールドウェルの強さ

ダリオンコールドウェルの通算戦績は、13勝1敗。ベラトールにおいては10勝1敗である。レスリングをバックボーンとしたファイトスタイルで、サブミッション=関節技や締め技を得意としているよう。ベラトールでも、リアネイキッドチョークやギロチンチョークで6つの勝利をあげている。しかし、レスリング出身の選手はアッパーやフックなどの引く打撃が強力なので、ストライカーとしての面も侮れないだろう。バリバリのストライカーである堀口恭司は、ダリオンコールドウェルを相手にどう戦うのか?

 

堀口恭司vsダリオンコールドウェルの試合をレポ

1R|堀口恭司vsダリオンコールドウェル

運命のゴングが鳴った。いつも通り、独特なフットワークで相手の周りを回る堀口。そうして堀口が間合いを調整していると、コールドウェルがテイクダウンを狙って突っ込んできた。あまりの速さに、堀口は組み合いを許してしまう。

ロープ際での攻防が始まり、コールドウェルがガンガン関節技を狙ってきた。アームロックを執拗に狙うコールドウェルに対し、堀口は防戦一方になってしまう。一度、「これは決まったか!?」と思えるくらいアームロックが入ったのだけど、堀口はなんとか抜け出しスタンドへ。

得意な打撃に持ち込もうと、遠間からの突っ込みや強烈な前蹴りでコールドウェルを攻め立てる。しかし、コールドウェルのテイクダウンがあまりにも速い。なんとか避けるも、脚をひっかけてしまいロープの外へ転んでしまうほど。1ラウンドは、コールドウェル優勢のまま終了した。

2R|堀口恭司vsダリオンコールドウェル

堀口を真似てなのか、スタンスを広く取るコールドウェル。1ラウンドと打って変わって腰の位置が低い。堀口は打撃で間合いを調整しようとするが、コールドウェルのテイクダウンを止められなかった。またしても組み合いへ。堀口はこまかく手を出して対抗するが、コールドウェルを引きはがすことができない。

グラウンドでは明らかにコールドウェルが優勢だ。堀口が、疲れによって隙を見せる瞬間を伺っている。堀口は終始苦しそうな表情を浮かべていた。なんとかスタンドに移行するが、すぐにゴングが鳴ってしまう。

3R|堀口恭司vsダリオンコールドウェル

ここまでの印象は明らかにコールドウェル優勢。この最終ラウンドで盛り返さなければ、堀口の負けは濃厚だ。コールドウェルは、これまでのラウンドと同様にトリッキーなフェイントでテイクダウンを狙ってくる。堀口は打撃で突き放そうとするが、またしてもテイクダウンを許してしまった。

2ラウンドと同じ展開が頭によぎる。「これはやばいぞ、堀口……」 最強のメイドインジャパンが敗北してしまう。そんなところまで考えが展開してしまった。

しかしなんと、ここで堀口がコールドウェルにフロントチョークを仕掛ける! コールドウェルはこれまでグラウンドで圧倒してきたので、油断もあった様子。あっさりとチョークを入れられてしまった。この展開を狙っていたのか、堀口が自信満々に力を込めると、数秒後にコールドウェルがタップ。堀口恭司が大逆転の勝利を収めた。

 

堀口恭司vsダリオンコールドウェルは堀口の勝利!

f:id:minimarisuto333:20190101004010j:plain

堀口恭司とダリオンコールドウェルという世界最高レベルの対戦は、堀口恭司の3ラウドフロントチョークで勝利という、劇的な結末で幕を閉じた。

正直、1ラウンドにアームロックをやられたときは「終わった…」と思ってしまった。コールドウェルは、これまで堀口が相手にしてきた選手とは明らかにレベルが違ったし、最後の逆転がなければおそらくそのまま判定負けしていただろう。

しかし、こういう大舞台でしっかりと勝つのが堀口恭司である。これは私見だが、あのフロントチョークはきっと狙っていたのだと思う。あれだけコールドウェルがテイクダウンを仕掛けてきたのは、堀口はグラウンドができないと思っているから。堀口はそれを逆手にとり、テイクダウンを取らせてグラウンドで決めてやろうと思ったのではないだろうか。もしそうだとしたら、相当な策士である。

ベラトールの王者を倒すということは、世界中のMMAファイターから注目されるということだ。もともと注目されていた選手ではあるが、より一層マークされることになる。日本における総合格闘技の知名度を高めるためには、堀口恭司が彼らに勝ち続けることが求められるだろう。非常に困難な道ではあるが、堀口恭司ならやってくれそうだ。

今後、RIZINにベラトールの選手が派遣されてくるなら、RIZINはかなり面白くなる。堀口恭司を中心に、日本格闘技界をどんどん盛り上げていってほしい! 堀口恭司とダリオンコールドウェルに大きなリスペクトを。

▼フロイドメイウェザーvs那須川天心の記事はこちら

フロイドメイウェザーvs那須川天心の結果レポ!衝撃の結果に - MC烏龍茶の随筆