小説『パラレルワールドラブストーリー』の感想

東野圭吾の小説「パラレルワールドラブストーリー」を読み終えた


本屋に寄ったとき、平積みにされていたので気になって読んでみた。


東野圭吾は、名前は知っていたもののミーハーなイメージがあったせいで読んだことがなかった。


なぜ今になって読んでみたのかというと、女性と会話をする上で、トレンドを抑えおくことも重要だと思ったからだ。


東野圭吾を読んでいる人は多い。


小説を読むと話す女性の多くは、東野圭吾か伊坂幸太郎を読んでいる。


私は、どちらも読んだことがない。


伊坂幸太郎は一度手をつけたことがあるのだけど、相性が悪くすぐに読むのをやめてしまった。


「パラレルワールドラブストーリー」は、今度映画化されるらしい。


トレンドを抑えるという目的において、これほどぴったりな本はなかった。


「パラレルワールドラブストーリー」の感想


私は、本書を恋愛小説だと思って手にした。


恋愛は関心の深いジャンルだし、恋愛小説の多くは読み味が軽いので、娯楽として読むには丁度いい。


小難しい本も好きだが、頭を空っぽにして素直になれるこういった本も好きだった。


本書は、大別すると恋愛小説ではなかった。


東野圭吾がミステリー作家として名を馳せていることは知っていたが、名前が名前なので、恋愛小説だと思ってしまった。


内容は、脳科学関係の研究員として働く主人公の男性とその親友が、ある1人の女性を巡って争うというもの。


これだけを聞くと「なんだ恋愛小説じゃないか」と思うだろうが、ストーリーには「記憶」というものが大きく関わっていて、この「記憶」が物語を大きく混乱させていくのだ。


読者である私たちもその混乱に巻き込まれ、読み進めていくうちに、単なる恋愛ものではない、これはミステリー小説だということに気がつく。


なので、ジャンルとしては「恋愛ミステリー」という感じだろう。


読んだ感想としてまず思い浮かんだのは、恋愛とは狂気であり、狂気であることが正常なんだなということ。


※ネタバレ


主人公は、親友の恋人に恋をしてしまう。


親友として彼を祝福してあげなくてはいけないという思いと、どうしようもなく彼女を好きという気持ち。


どちらも、主人公の中に内在する確かな感情であり、この葛藤は苦しめ続けた。


そして、葛藤の末に、主人公は親友を裏切ることを決め、彼女を追い求めてしまう。


長年の夢さえも捨てて彼女を愛した。


主人公の行動は、世間一般の常識においては異常であるが、恋愛においては正常なのだと思う。


恋愛とは狂気であるからだ。


主人公ほど激しく求めた経験はないが、同じベクトルの行動を起こしたことはある。


連絡が返ってこないことに悩み一睡もできないとか、振られた後もしつこく連絡をしてしまったりとか、自分でもどうしようもない衝動に駆られて、おかしな行動を取ってしまった。


まさしく、あの頃の自分は恋愛をしていたのだろう。


また、パラレルワールドラブストーリーは、恋愛だけでなく友情も強く感じさせる作品だ。


降りかかる情動に耐えきれなくなった主人公に対し、親友がどんな判断を下したか。


そこに、男同士の友情が表現されている。


私は、この部分を読んだとき、「パラレルワールドラブストーリーは、恋愛ミステリーじゃない。友情の物語だ」とさえ思った。


本書は文庫だとかなり分厚いので、読み応えがある。


恋愛、ミステリー、友情。


色々な要素の詰まった面白い作品なので、ぜひ読んでみて欲しい。

 

 

パラレルワールド・ラブストーリー (講談社文庫)

パラレルワールド・ラブストーリー (講談社文庫)