メンズの黒スキニーはユニクロのウルトラストレッチスキニーフィットジーンズで

メンズファッションの定番『黒スキニー』

黒スキニーといえば、メンズファッションの定番アイテムだ。街を歩けば3人に2人は黒スキニーを履いている。

なぜこんなにも黒スキニーがメンズたちから愛されるのかといえば、「汎用性が抜群」だからだろう。そもそも、スキニーそのものがきれいなシルエットを作りやすいアイテムである。

ファッションの3つの基本シルエット

誰でも聴いたことがあると思うけど、ファッションには3つの基本的なシルエットがあって、それを守っておけばある程度おしゃれな感じを演出することができる。

その3つとは、Iライン・Aライン・Vラインだ。Iラインは全体的に細く見えるようにまとめたファッション、Aラインはボトムが太めでトップスが細めのファッション(お兄系がよくやる)、Vラインはトップスにゆとりがあってボトムスが細めのファッション。

このことからも分かるように、細めのボトムっていうのは2つファッションパターンを抑えられるから、汎用性が高い。

黒いボトムはどんなトップスでも様になる

さらに、黒いボトムっていうのはどんなトップスを着てもそこそこ様になる。シンプル過ぎておしゃれに見せることは難しいけど、似合わないことはあんまりない。

黒スキニーは、「カラーが黒&細めのボトム」という汎用性抜群同士がかけ合わさった最強のアイテムなのだ。これだけ履く人が多いのも頷ける。

ミニマリストなら一本は持っているはず

ミニマリストなら、黒スキニーを1本は持っているはず。ミニマリストにとって、たった一つであらゆるシーンをカバーしてくれる黒スキニーは、超便利なファッションアイテムだから。

頑張ればこの黒スキニー1本だけにボトムを抑えることができるだろう(平日はスーツの人とか。毎日同じものはさすがに履けない)。

メンズの黒スキニーはどれがいいのか問題

しかし、黒スキニーはどのファッションブランドも、その需要の高さから競い合うように販売している。これだけ黒スキニーが販売されていると、消費者にとっては「どれを選べばいいのか分からない!」となってしまう。

【メンズの黒スキニーはどれがいいのか問題】だ。ユニクロ・無印・ZARA、さまざまなブランドから、自分に合うものを見つけるのは至難の業である。

 

 

黒スキニーの重要なポイントは『裾幅』

黒スキニーを選ぶうえで最も重要なポイントは、『裾幅』である。黒スキニーと銘打たれている商品でも、この裾幅がよろしくなければ黒スキニーとしての価値は限りなく低いものになってしまうだろう(あくまで私見)。

裾幅16cm以下が美シルエットの基準

裾幅の基準は、「16cm以下」が美シルエットの基準だ! それ以上の裾幅は、広がり過ぎていてきれいなシルエットを作ることができない。

日本の商品は、日本人の体型に合わせて作られているため、裾幅が広いことが多い。寸胴で足が短く太い、そんな基準で造られてしまっているため、裾幅をぎゅっと絞って作ることをしないのだ。

ただ、やっぱりスキニーシルエットを謳うんだから細くしないとね!みたいな洗脳があり、太ももやお尻の周りを細くするなんてことをよくやる。「そっちじゃなくて裾幅を細くしてくれ」と声を大にして言いたい。

以前、ジョガーパンツが流行したと思う。私はあれが好きではなかった。「裾をゴムにして絞らず普通に細くしてほしい」ととても思っていたからだ。ジョガー=邪道なんてことも考えていたくらい。今はそんな偏見を持っていないけど。

海外のブランドは裾幅が狭い

ZARAやForever21など海外のブランドから販売されている黒スキニーは、裾幅が非常に狭い。14cmくらいしかないこともある。

外国人の細長い脚にフィットするように作られているので、日本のブランドとはシルエットの作り方が違うのだ。細すぎてピッチピチになっているキャッチのお兄さんをよく見かける。

流石に海外ブランドの黒スキニーは、標準の日本人には細すぎて履きこなすのが難しい。また、品質も粗雑なことが多く、価格も高いので、私はあまり好きになれない。

以前までのユニクロのメンズ黒スキニーは?

この記事では、ユニクロのウルトラストレッチスキニーフィットジーンズをレビューしていくのだけど、この商品が販売される前からユニクロにはメンズの黒スキニーが販売されていた。

いろんなブログで見かけたし、私も実際に履いていた。結構長く愛用していたのだけど、ある1つの不満だけはずっと解消されないままだった。それは、裾幅の太さである。

以前までのユニクロの黒スキニーは、裾幅が17cmくらいあった。それだけ広く設えてあると、シルエットが野暮ったくなってしまう。履き心地もよく、耐久性も抜群だったので気に入っていたが、裾幅の太さだけは不満を持ったままだった。

ウルトラストレッチスキニーフィットジーンズの凄さ

f:id:minimarisuto333:20181208133546j:image

今回、たまたま、何の気なしに覗いただけだったのだけど、ユニクロのHPでウルトラストレッチスキニーフィットジーンズの情報を見て驚いた! 黒スキニーの裾幅がめちゃめちゃ細くなっていたのだ。「ユニクロは日本人御用達ブランドだから、裾幅を細くするなんてことしないだろうなあ」と思っていたのに。。。

なんと裾幅が15cm!

f:id:minimarisuto333:20181208133512j:image

その裾幅、なんと「15cm」! 驚異的なまでの細さである。17cmからたったの2cmしか細くなってないじゃん、と思う人もいるかもしれないが、2cm細くなるということは直径で4cm細くなるということであり、直径で4cmも細くなればシルエットは劇的に変化する。

裾幅15cmは、海外のブランドに迫る細さだ。この裾幅であれば、IラインもVラインも簡単に作り出すことができる。

股下は浅めなのできれいめ向き

ウルトラストレッチスキニーフィットジーンズは股下が浅めに作られているので、きれい目なファッションに向いている。

ストリート系のファッションと合わせるにはすこしきれいすぎるだろう。お尻がキュッと上がるように設えてあるので、美尻効果も抜群だ。

ウルトラストレッチスキニーフィットジーンズは生地も良い

ウルトラストレッチスキニーフィットジーンズは、その名前の通りストレッチ性が高い。スキニーにありがちな「履いていて苦しい感じ」は全くしない。

まあ、これは以前までのユニクロから販売されていた黒スキニーと同じなので、改めて感動するようなことはなかった。

生地の感じもブラックにほどよい光沢あってチープには見えない。生地の厚みは、厚すぎず薄すぎずという感じ。真夏は少し暑くて、真冬は少し寒い、そんな具合だと思う。私的にはこれくらいがちょうどいい。季節に大きく振り回されることなく履けるから。

3990円というリーズナブルな価格

ウルトラストレッチスキニーフィットジーンズの魅力的なポイントは、シルエットや生地だけではない。

正直、お金を出せば、似たような品質・シルエットの黒スキニーは手に入る。とくに、CheapMonday(チープマンデー)の黒スキニーはシルエットがめちゃくちゃきれいなので、こっちを買ってもいいだろう。

ただ、価格が高いことがネックになる。1万では買えないことが多い。その点、ウルトラストレッチスキニーフィットジーンズは3990円というリーズナブルな価格で購入することができる! 

この品質・シルエットでこの価格は、比類なき黒スキニーといって間違いないだろう。

174cm普通体型が実際に履いてみた

f:id:minimarisuto333:20181208165134j:image

f:id:minimarisuto333:20181208165151j:image

  • 着用サイズ:30(76cm)
  • 裾上げ:なし

実際に履いてみるとこんな感じになった。股下が浅めなので、お尻らへんがキュッとしている。腰で履いてルーズな感じにできなくはなさそうだけど、ウルトラストレッチスキニーフィットジーンズでそれはやらないほうがいいだろう。きれいに履くことをおすすめする。

横からはこんな感じ

f:id:minimarisuto333:20181208165159j:image

横からみると、裾幅15cmの威力がよく分かる。以前までのユニクロ黒スキニーは、裾に向かってすこし広がっていたので、ブーツカットジーンズみたいな印象を与えていたけど、ウルトラストレッチスキニーフィットジーンズはしっかりと脚に沿ってフィットしている。

個人的に、裾上げをしないでちょっとだぶつかせるほうが好みだ。ロールアップして履きたい人は、おそらく裾上げが必須である。

 

 

メンズの黒スキニーはユニクロのウルトラストレッチスキニーフィットジーンズで十分

いかがだっただろうか。ユニクロのウルトラストレッチスキニーフィットジーンズをレビューさせてもらった。黒スキニーは、裾幅が命といっても過言ではない。

一本持っておくだけで色んなファッションに合わせられるので、ボトムに悩む人はとりあえずユニクロのウルトラストレッチスキニーフィットジーンズ黒を買っておこう。

きっと役に立つはずだ。

これだけ優れたシルエットを持ちながらリーズナブルな黒スキニーも珍しいので、メンズの黒スキニーはこの一本で十分だろう。

▼ミニマリストにおすすめのデニムも紹介しています

ミニマリストと相性抜群なおすすめデニムを5選で紹介する - MC烏龍茶の随筆